“世界一のありがとう”を目指して

変形性膝関節症の病期

レントゲン写真にて関節の隙間(関節裂隙)の広さから病気の進行程度を判断します。
グレード0からⅣまで5段階に分けられ、X線像では病気の進行とともに膝関節裂隙は狭くなり、骨棘形成、関節軟骨下骨の硬化、嚢胞形成などが見られるようになります。

 

 Kellgren & Lawrenceに準じた変形性ひざ関節症に分類