“世界一のありがとう”を目指して

膝関節痛の原因となる病気

変形性膝関節症

何らかの原因で膝関節の軟骨が磨り減り、滑らかな関節表面がデコボコとなってしまうと、擦れる度に痛みが生じるようになります。原因が明らかでない一次性と先天的または後天的な関節疾患、外傷など明らかな原因による二次性とに分けられます。大部分が一次性であり、変形性膝関節症の大部分が肥満高齢女性であることより、その原因は加齢・肥満・女性が大きな危険因子であると考えられています。

 

 

大腿骨顆部壊死(脆弱性骨折)

骨粗鬆症がひどい方などは、急に膝の関節の骨が潰れて陥没してしまうことがあります。この様な場合には早期に発見し、関節症が進行を予防する治療が必要となります。

 

 

関節リウマチ

関節リウマチの病期が進行すると膝関節の関節軟骨が消失してしまい、痛みが出現することがあります。近年生物学的製剤など薬剤の進歩で、関節リウマチ治療が改善し人工関節を受けなければならない患者さんが減少しつつあります。

 

 

以前のケガによるもの(骨折や靭帯損傷など)

半月板損傷

変形性膝関節症の初期では、膝の骨の表面の軟骨(関節軟骨)が痛む前に、膝の大腿骨と脛骨(脛の骨)の間のクッションの役目をする半月板が損傷します。半月板が損傷すると膝のひねり動作や深く膝関節を曲げこむ際に痛みひっかかりが生じ、膝が腫れるようになります。変形性膝関節症の最初に障害されるのが半月板損傷で、これにより変形性膝関節症の症状が出現します。通常は注射療法など行いますが、痛みがひどい場合には関節鏡視下手術にて、痛んだ半月板を切除するなど手術治療を行います。