“世界一のありがとう”を目指して

変形性膝関節症について

重労働や肥満、加齢により関節表面クッションである関節軟骨の変性し擦り減ってくると発症し病気は進行します。
関節軟骨が変性すると本来のクッション効果(弾力性)が減少し、そのため関節の摩擦がより大きくなり磨耗が進行します。
軟骨の表面が毛羽立ち始め、さらにひどくなると半月板と関節軟骨自身が擦り切れます。擦り切れた軟骨の破片が関節内で炎症を起こすと関節液が貯留します。さらに軟骨が減少すると軟骨の下の骨(軟骨下骨)への衝撃が大きくなり、骨硬化・骨破壊が出現して変形が進行します。