“世界一のありがとう”を目指して

変形性股関節症の病期(病気の進行)

レントゲン写真にて関節の隙間(関節裂隙)の広さから病気の進行程度を判断します。

前期股関節症→初期股関節症→進行期股関節症→末期股関節症と4段階の病期で進行します。

 

 

 

前股関節症(ぜんこかんせつしょう)

臼蓋形成不全など股関節形成に異常がみられますが、関節の形(関節軟骨)はまだ保たれています。この時期は長時間歩行後に脚がだるい、疲れ易いなどの症状があります。


 

初期股関節症(しょきこかんせつしょう)

関節軟骨が磨耗して関節の隙間が狭くなりはじめた時期です。骨の周囲がX線で白くなって見えます(硬化)。この時期には筋力強化などのリハビリテーション治療が必要です。関節の変形の進行を予防するために関節温存手術を行う場合があります。


 

進行期股関節症(しんこうきこかんせつしょう)

関節軟骨が広範囲に変性磨耗して関節の隙間が明らかに狭くなります。この頃になると骨のなかに嚢胞(Cyst)という空洞ができたり、骨のトゲ(骨棘)ができて変形はかなり進行しています。人工関節置換術の適応が多くなります。この頃にはしゃがみこみが困難になったり(可動域制限)、関節屈伸時の痛み・歩行時痛がとれなくなります。


 

末期股関節症(まっきこかんせつしょう)

関節軟骨が完全に消失し関節のすきまがなくなります。
関節軟骨のすり減りが広範囲となり、関節裂隙が明らかに狭くなります。この頃になると軟骨下骨に嚢胞(Cyst)という空洞ができたり、関節周囲の骨のトゲ(骨棘)が大きくなったりして関節変形は進行していきます。進行すると安静時の痛みが出現し日常生活動作にも支障がでるようになります。治療としては主に人工股関節置換術を行います。