“世界一のありがとう”を目指して

変形性股関節症について

変形性股関節症は関節表面のクッションである関節軟骨が変性し擦り減ると発症します。一旦関節軟骨が変性すると本来のクッション効果(弾力性)が減少し、そのため関節の摩擦がより大きくなり磨耗が進行していきます。軟骨が磨り減って減少すると軟骨の下の骨(軟骨下骨)への衝撃が大きくなり、骨硬化・骨破壊が出現して変形が進行します。そのためX線で変形が進行すると関節の隙間が少なくなり、骨頭の変形も見られます。
変形が進行すると股関節の動きが悪くなる、歩くときにびっこを引く(跛行)などの症状が出現して日常生活に支障を来たすようになります。