“世界一のありがとう”を目指して

正常な股関節

股関節は大腿骨の上端(大腿骨頭)が骨盤のくぼみ(臼蓋)にはまり込んでボールとソケットのような構造で関節を作っています。臼蓋は大腿骨頭のほぼ全体を覆って体重を支えています。大腿骨頭と臼蓋の表面は関節軟骨という柔らかなクッションの骨で覆われているため、体重の衝撃を吸収しスムーズで滑らかな動きが可能となります。股関節の周囲は関節包や筋肉により補強されており、こうした関節周囲組織により股関節の曲げ伸ばしがスムーズに可能となります。