“世界一のありがとう”を目指して

入院のご案内

手術が決定した方へ

高額療養費について

高額療養費とは・・・

1か月の医療費が自己負担限度額以上になると、申請により後から戻ってくる制度です。年齢や所得に応じてご本人が支払う医療費の上限が定められており、また、いくつかの条件を満たすことによりさらに負担を軽減することもできます。

現在では、事前に「限度額適用認定証」又は「限度額適用認定・標準負担額減額認定証」を医療機関の窓口へ提出することにより、お支払いが自己負担限度額で済むようになりました。ただし入院時の食事療養費、生活療養費や差額ベッド代など除外されるものもございます。

 

「限度額適用認定証」の申請方法

  • 国民健康保険の方…お住まいの市区町村役場 国民健康保険担当窓口へお問い合わせください。
  • 社会保険の方…勤務先の健康保険担当窓口へお問い合わせください。

 

 

自立支援医療(更生医療)について

更生医療とは・・・

その障害の程度を軽くする・取り除く、または障害の進行を防げるような医療(人工関節置換術、関節形成手術など)を指定医療機関で受けるときに、その医療費を助成する制度です。当院は指定医療機関となっております。

窓口負担は原則1割負担とされていますが、所得などに応じて自己負担上限額が設定されます。この制度を利用するには身体障害者手帳を所持していることが条件であり、原則的に事前申請となります。

 

手続きの流れ

  1. お住まいの市区町村の障害福祉担当部署で「自立支援医療(更生医療)要否判定意見書」をもらい、当院受付へ提出してください。
  2. 当院にて意見書を記入後、お渡しします。(意見書記入にはお時間をいただいております。)
  3. 意見書、身体障害者手帳など必要書類を添えて市区町村の障害福祉担当部署へ提出します。手術前の申請が必要です。
  4. 認定されますと、自立支援医療(更生医療)医療証が交付されます。入院される際にはこの医療証を忘れずにご持参ください。

 

 

 詳しくは、当院受付へお問い合わせください。