“世界一のありがとう”を目指して

リハビリをご利用の方へ

理学療法とは?

ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう治療・支援していきます。治療や支援の内容については、理学療法士が対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

 

理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。

 

リハビリ内容

変形性関節症などの整形外科疾患の患者様に対して、ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なリハビリを提供して行きます。

 

手術を予定されてる方も手術後のスムーズな離床を目的に、手術前より生活動作練習や運動指導などのリハビリを行っています。

 

対象疾患

・変形性股関節症、変形性膝関節症

・腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症

・肩腱板損傷、肩関節周囲炎

・靭帯損傷・脱臼・骨折など

 

リハビリ診療時間

・月・火・水・金 AM9001200 PM300600(受付PM230530
・木・土 AM9001200