“世界一のありがとう”を目指して

人工関節手術について

当院では日常的に毎日行われる手術で、ほぼ確実に良好な成績が得られます。

 

人工関節手術とは

変形性関節症、関節リウマチ、骨壊死などによって損傷した関節面を取り除いてセラミックや金属などでできた人工関節に入れ替える手術です。手術成績は非常に安定しており、ほぼ確実に痛みから解放され通常の生活ができるようになります。

近年、最少侵襲手術(MIS手術)が普及し、以前に比べより患者さんの負担が少なく手術することが可能となりました。そのため手術翌日より歩行練習も可能となり入院期間も短くなってきています。

 

人工手術について

障害の起こった関節を金属やセラミック、ポリエチレンなどでできた人工の関節を入れ替えることで、痛みを楽にし、歩行能力、日常生活を改善させる目的の手術です。

手術成績は非常に安定しており、ほぼ確実に痛みから解放され通常の生活ができるようになります。
近年、最少侵襲手術(MIS手術)が普及し、以前に比べより患者さんの負担が少なく手術することが可能となりました。そのため手術翌日より歩行練習も可能となり入院期間も短くなってきています。

 

■ 人工関節の利点 

1. 痛みが楽になります。翌日より歩行訓練を開始します。

2. 関節が以前より動くようになります。

 

■人工関節の問題点 
1. 手術ですので、合併症の問題があります。
2. 10〜20年以降に入れ替えの手術が必要となる場合があります。